女性活躍推進プラン

私たちのめざすこと

SMBC信託銀行は、ワーキングマザーを含む多様な人材が、互いに尊重し合い、活躍できる組織を目指しています。女性管理職比率は業界平均を大きく上回り、ダイバーシティに強みを持つ企業としてさらなる企業競争力の強化を図ってまいります。

私たちの取組み

SMBC信託銀行では、「ダイバーシティ&インクルージョン推進委員会」を設置しております。委員会の推進により、家族の体調不良などをサポートするためのファミリーケア休暇や、主に男性従業員の利用を想定した短期育児休業制度を新設するなど、様々な取組みが実現しています。
また、女性従業員のキャリア支援に向けたグループメンター制度「ウィメンズシェアハウスプログラム」を定期的に開催し、そこからの提言をもとに、育休明け復帰支援プログラムなどの数多くの施策が実行されています。

私たちの取組み

女性管理職比率(課長級以上)

SMBC信託銀行の
管理職女性の割合

(2019年3月末)

金融業・保険業の
管理職女性の割合

えるぼし認定

2017年3月24日、厚生労働大臣より「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」に基づき、「えるぼし」企業として認定段階で最高位の3段階目の認定を受けました。

認定は基準を満たす項目数に応じて3段階あり、当行は、①採用における男女別の競争倍率の差異が小さいこと、②平均勤続年数の男女差が少ないこと、③法定時間外労働時間が一定の時間以下であること、④女性管理職比率の高さ、⑤多様なキャリアコースを選択できる制度が用意されていること、の5項目全てで基準を満たし、認定段階で最高位の3段階目に認定されました。

えるぼし認定

私たちの行動計画

SMBC信託銀行は、女性が管理職として活躍できる雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定しています。

目標 現状 行動計画
2020年度末までに課長級の女性管理職比率を35%以上とします。 34.86%(2019年3月末) 行動計画

多様な働き方への取組み

SMBC信託銀行では、働き方改革の取組みにおいても、生産性の向上と従業員のワークライフバランスの充実に努めています。多様な働き方推進のための制度を整え、これらの制度を気兼ねなく利用できるカルチャーの定着をすすめており、年次有給休暇取得率は業界平均を大きく上回っています。

主な制度

  • ファミリーケア休暇
  • 短期育児休業制度
  • 介護休暇制度
  • 在宅勤務制度
  • 勤務時間帯設定制度
  • 短縮勤務時間制度
  • 時間単位の年次有給休暇制度

多様な働き方への取組み

年次有給休暇取得率

SMBC信託銀行の
平均年次有給休暇取得率

(2018年度)

金融・保険業の
平均年次有給休暇取得率

(出典:厚生労働省 平成30年就労条件総合調査)

LGBTへの取組み

SMBC信託銀行を含む三井住友フィナンシャルグループ10社は、2019年10月11日、任意団体work with PrideによるLGBT等の性的マイノリティに関する取組評価「PRIDE指標」において、最高評価の「ゴールド」を受賞しました。
SMBC信託銀行では引き続きダイバーシティ&インクルージョンの一環として、性別、性的指向、性自認による差別などのない職場をつくる取組みをすすめてまいります。

work with Pride Gold 2019