ART WORKS

CONCEPT

アート×
サステナビリティ

才能あふれる作品を、みなさまへ

SMBC信託銀行では、持続可能な社会の発展のため、日本の文化・美の継承と新たな文化芸術の創造を担う「次世代」アーティストを支援しています。全国の店舗に展示された、才能あふれる作品を、ぜひお楽しみください。

持続可能な社会の発展に向けた、
若手アーティストの活動支援に関する詳細はこちら

MESSAGE

美術学科 版画コース
松下明子(まつした あきこ)

今回、このような作品展示に参加できること、自分の作品がたくさんの方々に見ていただける機会をとても嬉しく思います。
この恐竜たちが少しでも見た方を癒してくれるような瞬間が作れるようにと思い、制作しました。実際の展示でもそのような瞬間があるよう期待しています。

美術学科 日本画コース
東郷良咲(とうごう みさき)

この度は銀行という人々の生活に寄り添った場所で展示させていただけること、多くの方に作品をご覧いただけることに喜びと感謝の思いでいっぱいです。作品を通して美術を気軽に楽しんでいただきたいと思うとともに、ご覧になった全ての皆様の心を少しでも癒すことができれば幸いです。

美術学科 版画コース
田辺亮太(たなべ りょうた)

百足(むかで)は沢山ある足を使い前へと進み、決して後退や振り返らない事から「前進」を意味します。
梟(ふくろう)は目と耳が良く、チャンスやご縁を見逃さない事から「商売繁盛」、 蛇は「巳」と表記され、この漢字が胎児の形から派生した事から「子孫繁栄」、金魚には中国での呼び方「チンユイ」がお金が余る「金余」と同音な事から、金運の縁起物とされています。
この事から、銀行や銀行にお越しになるお客様に福をもたらす事が出来ればと考え、制作いたしました。

大阪芸術大学
美術学科長 教授
村居 正之
(むらい まさゆき)

日本藝術院 会員
公益社団法人 日展 理事、新日春会 理事
1947年 京都市生まれ

このたびSMBC信託銀行様のご厚意をいただき、関東・中部・関西・九州の17支店におきまして、弊学の美術学科生の作品を展示させていただく運びとなりました。
自分の手元を離れ作品を見ていただくことは貴重な学びの機会になります。特に若い学生諸君にあっては、自分の課題を見つける絶好の学びの場となります。そのためにも是非、率直な感想をいただきたいと願っております。その痛棒の一つひとつが学生諸君の精神と技術を鍛え、作品へ立ち向かって行く真の力を培ってくれます。
このような有意義な展観の場と機会を学生諸君にご提供いただきましたことに、心より感謝を申し上げます。

VIDEO