電子署名付き電子メール(S/MIME)

当行が発信する電子メール(*1)は、電子署名を付与してお送りしております。電子署名をつけることにより、

  1. 電子メールの送信者が、SMBC信託銀行であること
  2. 電子メールが途中で改ざんされていないこと

をご確認いただけるようになります。

電子メールを悪用したフィッシング詐欺対策として、電子メールの発信者を確認する際の有効な手段になります。フィッシング詐欺についてはこちらをご参照ください。

  • (*1)以下の電子メールにつきましては、電子署名を付けないで発信します。
    • 当行職員名で発信している電子メール
      • 職員名を騙った不審なメールが届きましたら、当行宛にご連絡ください。
    • 携帯電話向けの電子メール
      • 電子署名に対応した携帯電話会社・機種がありませんので従来どおり電子署名を付けずに配信いたします。
    • インターネットで新規口座開設をした場合の開設手続きに関する連絡メール
    • 当行からの一部アンケート電子メール

電子署名とは

インターネット上の文書の作成者が確かにその人本人であることを確認する手段として用いられます。紙の文書に例えるとサインや印鑑に相当します。
また、電子署名をする際に、誰が署名したかを確認する手段として、インターネット版の身分証明書である電子証明書を用います。紙の文書に例えると印鑑証明書に相当します。電子証明書は、認証局と呼ばれる第三者機関が発行し、弊行は、この第三者機関として、サイバートラスト社から電子証明書を取得します。

  • サイバートラスト社とは、ウェブサイトの実在性を証明するサーバ証明書発行サービスなど、情報セキュリティ全般にわたるサービスを提供しており、各メール受信用ソフトにおいても信頼される電子証明書の発行先として、認知されております。

電子署名付き電子メール

当行がお届けする電子署名付き電子メールは、S/MIMEという規格で送信しております。S/MIMEとは、電子メールシステム上で高度な認証や暗号化通信を行う規格であり、PKI(公開鍵暗号基盤)を活用しています。S/MIMEを使った電子署名付き電子メールにおいては、送信側は、メール本文と電子証明書に電子署名を付加し、添付ファイルにしてメールを送信します。

  • S/MIME: Secure Multipurpose Internet Mail Extensions 電子メール暗号化技術の標準

電子署名付き電子メールが本物であることを確認する仕組み

SMBC信託銀行 ①SMBC信託銀行の電子証明書を添付 ②電子署名をつける 宛先 SMBC信託銀行 XXXXX@smbctb.co.jp 件名 電子メールお知らせサービス SMBC信託銀行をご利用のお客さまへ 以下本文… ③メール送信 お客さま ④メール受信 ⑤電子署名を確認 ⑥証明書が信頼できる機関から発行されていることを確認 宛先 SMBC信託銀行 XXXXX@smbctb.co.jp 件名 電子メールお知らせサービス SMBC信託銀行をご利用のお客さまへ 以下本文… ※お客さま側での確認 1.セキュリティ警告が出ていないこと 2.送信者アドレスが「xxxxx@smbctb.co.jp」であること 3.電子証明書の発行元が「Cybertrust Japan SureMail CA G4」となっていること 信頼できる認証局 電子証明書、公開鍵、秘密鍵を発行 パソコンに「信頼済み」としてあらかじめ登録されている

ご注意

  • 電子署名付き電子メールのご利用には、パソコンのメール受信用ソフトとして、S/MIMEに対応しているソフトをご利用いただく必要があります。
  • Webメールや携帯メール、またS/MIMEに対応していないパソコンのメールソフトをご利用の場合、メール本文は表示されますが、電子証明書は「smime.p7s」というファイルとしてメールに添付されます。※この添付ファイルを開いても、電子署名の確認はできませんのでご注意ください。