銀行からのお知らせを装った怪しいメールには注意

銀行が不用意にIDやパスワードの入力を促すメールをお客様に送ることはありません。

メールアドレスに「登録パスワードの変更が完了しました SMBC信託銀行」というメールが届いた。メールの本文にはURLをクリックして登録内容を確認するよう記載されており、クリックしたところ、銀行のホームページの偽サイトに遷移。ユーザーIDやパスワード、店番号や口座番号を入力し、確認ボタンをクリックしたが、その後には何も表示されなかった。
しばらくしてからユーザーIDとパスワードが盗まれて不正アクセスされていたことがわかったが、ワンタイムパスワードサービス(トークン)を申し込んでいたため、口座からの不正送金にあわずに済んだ。

プレスティアのセキュリティサービスで対策

上記のような犯罪には以下のセキュリティサービスが被害防止に役立ちます。

ワンタイムパスワード(OTP)サービス要申込

セキュリティの高い6桁の数字が組合わされた使い捨てパスワードを発行。お取引ごとの認証(トランザクション認証)がおこなわれ不正送金の被害から守ります。

ワンタイムパスワード(OTP)サービス

ワンタイムパスワード

暗号化技術の採用

SMBC信託銀行のプレスティア オンラインではこの暗号化通信方式に、強度が高い暗号化通信を採用しております。

暗号化技術の採用

このような被害にあわないために

偽のウェブサイトを作って、口座番号や暗証番号などの個人情報を不正に入手する「フィッシング」と呼ばれる詐欺の被害が報告されています。その中には、ロゴマークを使い、きわめて精巧に模倣したものもあります。

もしEメールに付いているリンクやウェブサイトを不審に思ったら、Eメールを削除し、ウェブサイトを閉じてください。

Point 1 不審なメールやウェブサイトに注意

  1. 疑わしいEメールを開いたり、不審なウェブサイトにアクセスしない。
  2. SMBC信託銀行のウェブサイトにアクセスしているか確認する。※https://www.smbctb.co.jp 直接入力
  3. ブラウザ上に南京錠があることを確かめる。※プレスティア オンライン上の取引で、個人情報の入力が必要なときには、常に暗号化された通信を行います。その場合、画面に南京錠のアイコンが表示されます。発行先のURLの最後が「www.smbctb.co.jp」でない場合、ただちに画面を閉じてください。

    ブラウザ上に南京錠があることを確かめる。

Point 2 安易に個人情報、Eメールアドレスを入力しない

  1. 口座番号や暗証番号など、口座に関する情報を要求してくるEメールには返信しない。
  2. プレスティア オンライン以外でのサインオン、暗証番号変更、個人情報の入力などは行わない。
  3. Eメールアドレスを、一般のチャットグループや掲示板等に公開しない。
  4. Eメールアドレスをウェブサイトに入力する場合には、そのサイトの取引規約やプライバシー規約を確認する。

よくある犯罪事例一覧

お問合せ

おかしいなと思ったらすぐにご連絡ください!

口座番号、暗証番号(カードPIN、T-PIN)などの個人情報が盗まれてしまったり、カードの紛失・盗難にあった際には、すぐにご連絡ください。ご依頼にもとづき、迅速に暗証番号の変更、口座引出し停止、カードの再発行などを行います。