ご利用限度額の設定で被害を最小限に抑える

ATMでのお引出し、J-Debitのご利用など、キャッシュカードの1日あたりのご利用限度額をご自身で設定できるサービスです。ご利用限度額を最小限に設定しておけば、万一のときの被害を最小限に抑えることができます。

お申込み・設定方法

  • プレスティア オンラインでは、ご利用限度額の照会のみ可能です。

1日(日本時間 0:00~24:00)あたりのご利用限度額

バンキングカード

認証タイプ お取引内容 初期設定 変更可能な範囲(単位:1万円)
磁気ストライプ お引出し 50万円 0~300万円
(海外)お引出し 20万円相当額 0~50万円相当額
お振込み 100万円 0~300万円
ICチップ お引出し 50万円 0~300万円
お振込み 100万円 0~300万円
生体認証 お引出し + お振込み 合計1,000万円 ICチップのお引出限度額およびお振込限度額の合計~1,000万円
  • 三井住友銀行ATMおよびセブン銀行ATM以外の他行ATM(ゆうちょ銀行含む)での引出限度額は、200万円/日(固定)です。
  • J-Debitのご利用限度額は、1~50万円/日です。なお、初期設定額は50万円/日です。

プレスティア外貨キャッシュカード

認証タイプ お取引内容 初期設定 変更可能な範囲(単位:10米ドル)
磁気ストライプ (米国内)お引出し 1,000米ドル 0~3,000米ドル

限度額設定のポイント

海外引出しがメイン、留学中の子どもに代理人カードをつくっているAさん。
Aさんが国内で38万円を引出した後、同じ日にお子さんが海外で引出せる金額は?

Aさんが設定したご利用限度額

認証タイプ お取引内容 限度額
磁気ストライプ お引出し 50万円 [1]
(海外)お引出し 20万円相当額 [2]
国内:50万円 [1] - 38万円 = 12万円 [3]
海外:20万円 [2]
答え 海外で引出せる金額 12万円 [3]

海外引出し限度額は磁気認証引出し限度額に含まれるため、12万円しか引出せません!

ポイント

  • ご利用限度額(お引出し、お振込み)は、三井住友銀行ATMのほか、(国内・海外)提携ATM、J-Debit、代理人カードの利用額を含みます。
  • 海外ではすべて磁気お取引となるため、海外利用が多い方は、磁気認証の(国内)お引出し ≧ (海外)お引出しで設定してください。
  • 「お引出し」の限度額を、海外ATMまたはJ-Debitのご利用限度額以下にご指定の場合、「お引出し」にご指定の限度額が上限となります。

引出限度額の合算イメージ

セキュリティ重視のBさん。
振込みもATM利用。結局、1日にいくら出金できる?

  • 生体認証ICキャッシュカードを利用(生体情報登録済)

Bさんが設定したご利用限度額

認証タイプ お取引内容 限度額
磁気ストライプ お引出し 20万円 [1]
(海外)お引出し 20万円相当額 [2]
お振込み 50万円 [3]
ICチップ お引出し 50万円 [4]
お振込み 100万円 [5]
生体認証 お引出し + お振込み 合計300万円 [6]

たとえば

15万円を引出した後、さらに引出せる金額は?

磁気ATMなら5万円(20万円 [1] - 15万円)
ICチップATMなら35万円(50万円 [4] - 15万円)
生体認証ATMなら285万円(300万円 [6] - 15万円) [7]

その後、「生体認証」で50万円を振込んだ場合、さらに振込める金額は?

磁気ATMなら0円(50万円 [3] - 50万円)
ICチップATMなら50万円(100万円 [5] - 50万円)
生体認証ATMなら235万円(285万円 [7] - 50万円)

ポイント

  • 磁気ストライプ、ICチップ認証の「お引出し」と「お振込み」限度額はそれぞれ設定されます。
  • 磁気ストライプ、ICチップ認証の「お引出し」と「お振込み」の合計額が生体認証と同額またはそれ以下の限度額となります。(お引出し + お振込み ≦ 生体認証)

限度額の関係(イメージ)

ご注意点

  • IC認証をご利用いただくには、「ICバンキングカード」が必要です。ICバンキングカードは、店頭またはお電話(郵送)でお申込みいただけます。生体認証のご利用には、ICバンキングカードをお持ちのうえ、店頭にてお客様の指静脈認証情報のご登録が必要となります。
  • ICチップまたは生体認証に未対応のATMでは磁気ストライプでのお取引となります。
  • 海外ATMでは、別途、独自に海外ATMオーナーが1 日あたりの引出限度額を設定している場合もございます。
  • ご利用限度額の変更は、店頭またはお電話でお手続きください。
  • 法人のお客様のご利用限度額は異なります。詳細はお問合せください。

こんな犯罪を防止

リミットコントロールで防止できる金融犯罪事例をご紹介します。

海外での偽造カード被害事例 その1

ATMが複数台あるにも関わらず利用できるATMが極めて少ない場合や、空港・駅・バスターミナル・ショッピングモールなど、人気のない時間帯に犯人がスキマー設置のためにATMに細工していることがあります。

海外での偽造カード被害事例 その1

海外での偽造カード被害事例 その2

親切を装ってATM操作時に近寄ってきたり、ATMコーナーで話しかけてくる不審者にカードを盗まれることがあります。

海外での偽造カード被害事例 その2

暗証番号の管理に関わる被害事例

生年月日等の類推されやすい番号は避けることは原則ですが、カードに記載する、または暗証番号メモの同一保管は危険です。

暗証番号の管理に関わる被害事例

プレスティアのセキュリティ対策一覧

お問合せ

電話

0120-50-4189国内(通話料無料)