強度が高い暗号化通信を採用しお客様の情報を保護

お客様の情報は、その保護のため暗号化され送受信されます。
SMBC信託銀行のプレスティア オンラインではこの暗号化通信方式に、強度が高い暗号化通信を採用しております。

こんな犯罪を防止

暗号化技術の採用で防止できる金融犯罪事例をご紹介します。

スパイウェア・ウィルスに関わる被害事例

ご利用のコンピュータにスパイウェアがインストールされたり、コンピュータがウィルスに感染し、個人情報を取得されたり重要な情報が書き換えられたりする危険があります。

ご利用されるパソコン等の機器にウィルス対策ソフトを導入いただき、不正ソフトウェアや、ファイル交換ソフト、インターネット、Eメールには十分ご注意ください。

スパイウェア・ウィルスに関わる被害事例

フィッシング被害事例

銀行のロゴを無断に使用するなどして不正に作られたEメールや偽の銀行ウェブサイトで、口座番号や暗証番号などの個人情報を不正に入手し、預金口座から不正に送金や引出しが行われます。

口座番号、個人情報やEメールの入力にはご注意ください。

フィッシング被害事例

プレスティアのセキュリティ対策一覧

お問合せ

おかしいなと思ったらすぐにご連絡ください!

口座番号、暗証番号(カードPIN、T-PIN)などの個人情報が盗まれてしまったり、カードの紛失・盗難にあった際には、すぐにご連絡ください。ご依頼にもとづき、迅速に暗証番号の変更、口座引出し停止、カードの再発行などを行います。