ためになる話 by Mr. PRESTIA 07
<海外赴任するかも編:後編>
海外出張や海外赴任、お金はどうする?

Mr. PRESTIAがためになる外貨の話をご紹介します。

海外赴任の味方、プレスティア

ここは常連客が集うバー。二人はバーテンダーから、最近話題のジャパニーズ・クラフトジンが、緑茶やゆず、山椒など日本の伝統的なボタニカル(ハーブやスパイス、果物)で風味づけされていると聞いて、興味津々の様子。

同期

じゃあ、これを試してみようかな。桜の香りか…。

Fさん

和と洋が上手く融合しているってことか…。これって、海外出張先での会話のネタに良さそうだね!

同期

和と洋の融合といえば、プレスティアって、“SMBC信託銀行が大手外資系銀行のリテール部門を事業承継” して生まれたブランドなんだよ。グローバルに活動している人向けのサービスが充実した、ユニークな銀行なんだ。

Fさん

へぇ~。じゃあ、君は、海外赴任中もプレスティアを利用してたの?もしかしたら、ぼくもアメリカに赴任って可能性があるんだよね…。

同期

うん。プレスティアは、海外赴任中でも、オンラインで海外から日本のプレスティアの口座を使って送金ができるから、便利だったよ。日本を離れていても、意外とお金を振り込む必要があったりするからね。
非居住者届出後は取引に一部制限があります。

Fさん

う~ん、やっぱりプレスティアの口座、持っておいた方がいいかなぁ。

同期

ぼくもそうだったけど、海外赴任が決まると、いろんな手続きとか引越しの手配とかでバタバタするから、お金のことはついつい後回しになっちゃうものなんだ。でも、赴任直後は何かとお金がかかるから、日本からお金を取り寄せたりする時のために、プレスティアのように海外送金や外貨の取扱いに慣れた銀行に口座を持っておくと、安心だよ。

Fさん

現地のATMで引き出すというのじゃだめなの?

同期

ちょっとした支払に必要な現金程度ならいいけど、海外ATMでは1日あたりの引出限度額が設定されていたりするから、それでは足りないことが多いよ。急な出費などで慌てないように、赴任したらすぐに現地の銀行に口座をひらいて、まとまったお金が必要な時には、日本にある口座からその口座へ送金するといいよ。

Fさん

でも、海外で暮らすとなると時差もあってイザという時の不安が残るよなぁ。

同期

プレスティアは24時間365日、電話で相談できるし電話で送金なんかの取引もできるから、心強いよ。海外送金はオンラインでもできるけど、はじめてだと手続きや操作がわからないことも多いからね。休日や時差を気にすることなく、いつでも日本語で問い合せができるから、日本が夜中だということも忘れちゃうね。
※事前に登録した送金先に限ります。非居住者となった後は取引に一部制限があります。

Fさん

なるほどね。慣れない環境だからこそ、そういったことも大事だね。

外貨預金をはじめよう!

同期

君の場合、赴任するとすればアメリカだよね?だったら、今から米ドル預金をはじめておくのもいいかもね。赴任のタイミングによっては、円安局面ということもあるから、その時は外貨預金で貯めた米ドルをそのまま送金すればいいんだよ。

Fさん

外貨預金か~、まだ決まってもいない海外赴任に向けて準備するの?

同期

米国出張で使えるから、米ドルを少しずつ積み立てていくなんていうのも…いいんじゃない?プレスティアには、米ドル決済専用キャッシュカードというのがあって、米ドル預金からアメリカのATMで米ドルを引き出せるからね。

Fさん

まあ確かに…それだったら、今から外貨預金で準備しておいてもいいかもね。

同期

円と外貨を両方持っていれば、選択肢がひろがるよ。

Fさん

そうだね、考えてみるよ。

同期

まあ、かなり先の話かもしれないけど、日本への帰任が決まった時も、プレスティアに口座があると便利だよ。うちの会社は、赴任中の給料は外貨建てで支払われるから、現地の銀行口座に貯まった外貨を持ち帰ることになるわけだけど、持ち帰る方法について、みんな頭を悩ませるんだ。でも、プレスティアに口座があれば、現地の銀行から外貨のまま、日本にある口座に海外送金できるから簡単だよ。プレスティアなら、外貨送金を受けとる時の手数料がいつでも無料だしね。
※受入可能な通貨は10通貨。外貨のまま送金するには、プレスティア マルチマネー口座外貨普通預金への送金が必要です。また、送金元および中継銀行が別途手数料を徴収することがあります。

Fさん

現地の銀行で日本円に換えて、日本にある口座に送金するんだと思ってたよ。

同期

多くの人がそうしているかもね。でも、円高のタイミングで帰任という場合には、慌てて円に換えてしまうと資産が目減りしてしまうこともあるから、気を付けた方がいいよ。あとで円安になって後悔しても遅いからね。でも、外貨のまま持ち帰れば、外貨のまま運用できるし、タイミングをみて円に換えてもいいし…。帰国してからゆっくり考えればいいんだ。ぼくも赴任中に円高が進んだから、外貨のまま日本に送金して正解だったよ。今も外貨のままで運用してるよ。

Fさん

さすが経験者、いろいろ勉強になるなぁ。

同期

ずっと海外部門だからね…。君も、そのうちノウハウが身に付くよ。
そうそう、さっき話した「プレスティアゴールド」だと、海外送金の手数料もいつでも無料になんだ。次回は単身赴任になる可能性が高いから、日本と現地の口座の間で海外送金の機会も多くなるかもしれないし…。一度、プレスティアに相談してみようかな。

Fさん

ひと足先にワンランク上を目指そうってことだね?相変わらずだな~。ぼくは、プレスティアに口座をひらくところからはじめてみるよ。

関連コラム

<海外赴任するかも編:前編> 海外出張や海外赴任、お金はどうする?

バックナンバー

  • 外貨預金には、円貨ベースで元本割れが発生するなどのリスクがあります。商品説明書兼契約締結前交付書面をよくお読みになり、商品の仕組み、リスク、手数料等をご理解のうえでお取引ください。
  • 外貨預金には、預金保険の適用がありません。
  • 外貨預金(外貨建送金の受取り等を含む)のご利用開始にあたっては、「プレスティア マルチマネー口座外貨普通預金」の契約締結が必要です。ご利用開始のお申込みは、プレスティア オンライン、各支店・出張所窓口、郵送にてお手続きください。なお、お申込みから契約完了まで、数営業日を要します。

ページの先頭に戻る