プライベートバンキング営業部のお客さまへ
マイナンバーご提出のお願い

2016年1月の番号法(マイナンバー法)(注1)等の施行により、弊行ではお客さまに対しマイナンバーのご提出をお願いしております(注2)。このご提出は、お客さまとのお取引に関し、弊行が支払調書等を税務署に提出する際にマイナンバーが必要となるためです。

この対応に加え、2018年1月1日に施行される改正番号法(注3)により、預貯金口座へのマイナンバーの付番が開始されます。弊行でも個人情報保護法第15条第2項および第18条第3項を踏まえ、預貯金口座へ個人番号(マイナンバー)を付番する事務を、特定個人情報の利用目的に追加します。従いまして、これまで個人番号(マイナンバー)のご提出をお願いしていない個人のお客さまの場合でも、2018年1月1日以降に、個人番号(マイナンバー)のご提出をお願いすることがございます。

マイナンバーのご提出について、ご理解、ご協力いただきますようお願い申し上げます。

ご参考(全国銀行協会)
マイナンバー制度で、銀行との取引はどう変わる?

(注1)番号法の詳細につきましては、内閣府ホームページをご参照下さい

内閣府HP

(注2)個人番号(マイナンバー)については、弊行事務委託先である、さくら情報システム(株)より「個人番号(マイナンバー)およびご本人様確認書類提出のお願い」を送付しております。

(注3)2015年9月に公布された「個人情報の保護に関する法律及び行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律の一部を改正する法律」