親切を装って、ATM操作時に近寄ってくる不審者には注意

ATMコーナーで話しかけてくる人はほぼ犯人グループの一員の可能性があります。

慣れない海外でのATM操作。安全を考えて銀行支店内のATMを利用するが、ディスプレイには現地の言語が表示されよくわからない。すると、後ろに並んでいた優しそうな人が手助けを買ってでてくれた。無事に口座から出金することができ、感謝し別れた。その後、食事をして支払いのために財布をあけるとキャッシュカードが入っていないことに気づく。慌てて電話センターへ連絡すると口座からの不正出金が発覚。だが、1日の出金限度額を少なめに設定していたため、自分が口座から受け取った額以降の出金は1度しか成立しておらず、被害額は少額で済んだ。

プレスティアのセキュリティサービスで対策

上記のような犯罪には以下のセキュリティサービスが被害防止に役立ちます。

リミットコントロール要申込

キャッシュカードの1日あたりのご利用限度額をご自身で設定できるサービスです。ご利用限度額を最小限に設定しておけば、万一のときの被害を最小限に抑えることができます。

リミットコントロール

プレスティア アラートサービス要申込

お客様の口座で、キャッシュカードで出金・振込などのご利用があるたびに、ご登録のメールアドレスにお知らせします。よく利用するアドレスを登録することで、身に覚えのないお取引があった時に、すぐに取引停止のお手続きができ、安心です。

プレスティア アラートサービス

このような被害にあわないために

お持ちのキャッシュカードで現地通貨が引出せるというのは、とても便利な機能ですが、それと同時にお客様の預金を新たな危険にさらす可能性があります。

Point 1 ATMで知らない人に話しかけられたら要注意

  1. キャッシュカードから目を離さない、手元から離さない。
  2. 暗証番号は絶対に他人には教えない。
    警察官や銀行員が暗証番号を聞くことは、絶対にありません。

Point 2 渡航先から帰国したら確認する

  1. 不正利用を見逃さないために、キャッシュカードの利用をメールで受けとれる「プレスティア アラートサービス」を利用する。
  2. 被害を最小限にするために、キャッシュカードの利用限度額を変更できる、「リミットコントロール」を利用する。
  3. 万が一カードが偽造されても海外では出金できないように、「リミットコントロール」を利用して、海外での出金限度額を0円に変更する。

よくある犯罪事例一覧

お問合せ

おかしいなと思ったらすぐにご連絡ください!

口座番号、暗証番号(カードPIN、T-PIN)などの個人情報が盗まれてしまったり、カードの紛失・盗難にあった際には、すぐにご連絡ください。ご依頼にもとづき、迅速に暗証番号の変更、口座引出し停止、カードの再発行などを行います。