PRESTIAの長期分散投資が、さらに進化
フラッグシップファンド「ウェルス・コアポートフォリオ」に新ファンド登場

SMBC信託銀行が提供する「ウェルス・コアポートフォリオ」は、様々な資産・戦略に分散投資を行う先進的なマルチアセット運用です。2015年11月の取扱い開始以降、お客さまにご愛顧いただき、外国投信バランス型純資産残高「第1位」となりました。(モーニングスター調べ 2018年2月末時点)

今般、新たに取扱いを開始した「ウェルス・コアポートフォリオ アドバンス型」は、既存のコンサバティブ型、グロース型に比べ、多様なオルタナティブ戦略を多く採用することで、あらゆる市場環境において収益を追求するファンドとなっています。

ゴールドマン・サックス・グループのノウハウとグローバルネットワークを活用した先進的な運用手法をお客さまにご提供します。

ウェルス・コアポートフォリオ

本資料は、ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント株式会社からの情報提供を元にSMBC信託銀行が使用しています。SMBC信託銀行は、信頼できると判断した情報に基づいて使用しておりますが、ここに記載された情報の正確性・完全性を保証するものではありません。データ等は過去のものであり、将来の運用成果等を約束するものではありません。当資料中のいかなる内容も、将来の市場環境の変動等を保証するものではありません。投資の選択や投資時期の決定は必ずご自分の判断でなさるようお願いいたします。当資料に記載された内容は使用時点のものであり、将来の市場環境の変動等により今後予告なしに変更される場合があります。

ウェルス・コアポートフォリオの特徴

プレミアム・ファンズのサブ・ファンドであるウェルス・コアポートフォリオ コンサバティブ型、グロース型、アドバンス型を個別にまたは総称して「サブ・ファンド」といいます。

POINT 1先進的なマルチ・アセット運用

世界中の様々な投資資産および戦略に分散投資を行い、市場環境などの変化に応じた時間軸の異なる投資見通しに基づく機動的かつ柔軟な調整を行います。

POINT 2分散によるリスク低減効果

多様な収益源泉を取り入れ、分散をはかることで、リスクの低減が期待できます。

POINT 3ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメントの総合力を活かした運用

ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメントのノウハウと世界を結ぶグローバル・ネットワークを活用し、約20年にわたりグローバルの機関投資家に革新的なサービスを提供してきたマルチ・アセット専門のチームが運用を行います。

POINT 1先進的なマルチ・アセット運用

ウェルス・コアポートフォリオは、お客様の運用目的に応じて三つのタイプがございます。

グロース型は、株式に重点をおきながら資産を積極的に築くことを目的としています。また、コンサバティブ型は、債券に重点をおきながら資産を守りながら築くことを目的としています。今回新たに加わったアドバンス型は、株式や債券などの伝統的資産への投資に加えて、多彩なオルタナティブ戦略へ投資することで、資産を分散して築くことを目的としています。

ポートフォリオの構成

世界中の様々な資産および戦略に幅広い分散投資を行い、戦術的資産配分により魅力的な投資機会を発掘します。

出所:ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント

上記は例示をもって理解を深めていただくための概念図であり、特定の時点の実際のポートフォリオ構成を示すものではありません。また将来のポートフォリオ構成を示唆するものではありません。ポートフォリオの内容は、市場の動向等を勘案して随時変更されます。過去のデータは将来の動向を示唆あるいは保証するものではありません。市況動向や資金動向その他の要因等によっては、運用方針に従った運用ができない場合があります。

株式には、債券を除くリスク性資産(リアル・アセットなど)が含まれます。オルタナティブ戦略において実際の投資対象がグローバルな伝統的資産となることがあります。また、戦術的資産配分において実際の投資対象がグローバルな伝統的資産あるいはオルタナティブ戦略となることがあります。

POINT 2分散によるリスク低減効果

ウェルス・コアポートフォリオでは、多様な収益源泉を取り入れることで、リスクの低減が期待できます。

下落抑制効果

過去の実績では、下図の通り株価が下落した局面では先進国株式と比べ最大下落幅の抑制が実現できています。また、金利が上昇し債券価格が下落した局面では、先進国債券と比べ最大下落幅が抑制できています。

  • 中国ショックの期間は、アドバンス型の投資先ファンド設定日(2015年8月27日)以降の期間を指します。
  • 先進国株式、先進国債券は、各市場全体の動きをご参考として示すために使用していますが、当該インデックスは本ファンドのベンチマークや参考指標ではありません。
    株式下落局面は、上記期間において、先進国株式の月間騰落率が2ヶ月以上連続して-1%超下落した局面を指します。
    債券下落局面は、上記期間において、先進国債券の月間騰落率が2ヶ月以上連続して-1%超下落した局面を指します。

出所:ブルームバーグ、ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント 期間:2015年8月27日~2018年2月末
先進国株式:MSCIワールド・インデックス(配当込み)、先進国債券:ブルームバーグ・バークレイズ・グローバル総合インデックス(共に米ドル・ベース)

POINT 3ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメントの総合力を活かした運用

運用会社であるGSAMは、1995年以来、約20年超にわたりマルチ・アセットを専門に運用しており、様々な分野から135名超の専門家を集めて運用課題に取り組んでいます。

ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント(GSAM)

GoldmanSachs AssetManagement

  • ゴールドマン・サックスの投資運用部門として1988年に設立。世界を結ぶグローバル・ネットワークを活用し、お客様のニーズに対応したサービスを提供
  • 世界有数の資産運用会社として、世界の機関投資家、政府系機関、個人投資家から約145兆円の資産を助言・運用

マルチ・アセット運用チーム:グローバル・ポートフォリオ・ソリューションズ(GPS)

出所:ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント、2017年12月末時点

プレミアム・ファンズ ウェルス・コアポートフォリオ
アドバンス型-米ドル建て受益証券
ケイマン籍オープン・エンド型契約型公募外国投資信託

関連情報

お問合せ

電話

プレスティアホン インベストメントでお問合せ

0120-322-522国内(通話料無料)

81-46-401-2140海外(通話料有料)

投資信託口座開設のお申込み

インターネット

プレスティア オンラインにて投資信託口座開設の資料請求のお申込み

プレスティア オンライン

  • 上記からは、プレスティア オンラインの投資信託のページへリンクされます。

一般口座と特定口座の口座開設申込書の資料請求を行うことが可能です。
投資信託口座をお持ちでないお客さまは、一般口座と特定口座、両方の口座開設申込書をお送りします。
既に一般口座をお持ちのお客さまは、特定口座の口座開設申込書をお送りします。

電話

郵送で「投資信託口座開設キット」をお取寄せ

0120-322-522国内(通話料無料)

81-46-401-2140海外(通話料有料)

支店窓口

支店窓口でお申込み

本人確認書類等をお持ちいただく必要があります。