資産運用

SMBC信託銀行は、お客さまの投資ニーズにお応えする包括的な資産運用ソリューションを提供しています。
信託を活用した資産運用では、指定運用または特定運用のいずれかの方法により、お客さまのポートフォリオを運用・管理します。指定運用は、お客さまと合意した投資方針に基づき当行が運用します。国内外の株式、債券、オルタナティブ投資など、幅広いアセットクラスへの投資が可能です。特定運用では、投資判断はすべてお客さまがご自身で行い、当行は、お客さまの指図のみに基づいて執行・管理を適切に行います。

指定運用の信託

信託財産の指定運用では、お客さまからご指定頂いた投資・運用方針に基づいて、当行のファンドマネージャーが、お客さま専用の信託口座において信託財産の運用・管理を行います。

指定運用は、資産運用プロセスへのご自身の関与を最小限に抑えたい、または金融資本市場に関する情報収集が難しい、資産運用のための時間的余裕がないなどのお客さまにとりましては最適な運用方法と考えます。

担当のプライベートバンカーが、資産の運用・管理について、期待利回り、リスクの度合いなどお客さまと確認しながら、お客さまにとって最適と思われる投資運用方針指定書の作成をお手伝いいたします。当行のファンドマネージャーは、お客さま毎の投資運用方針指定書に基づいて、運用の執行、運用状況のモニタリング、市況の変化に対応した資産配分の変更などを行います。

また、お客さまのご資産のポートフォリオ運用は、投資運用方針に沿って正確、着実に実行され、取引内容は月次で定期的にお客さまに報告されることから、非常に高い透明性を保っています。

特定運用の信託

信託財産の特定運用では、お客さまご自身に投資判断をしていただきます。
特定運用は、お客さまご自身で、国内外の株式・債券への投資判断を行い、その売買執行、事務管理を当行に委託することを希望される場合に適した運用方法です。

仕組預金

仕組預金は、外国為替、金利などの様々な金融手法を活用した投資商品です。その柔軟性ゆえに、仕組預金は、リスクをコントロールしながらお客さまの投資ニーズに対応することができる効果的な運用商品としてご活用いただけます。自社にとらわれず広く市場から取り入れる「オープン・アーキテクチャ」に基づき商品を組成する当行の方針により、お客さまに最適な商品を提案することを目指しています。