メニュー

富裕層のお客さまに寄り添い
一流を目指して
常に「挑戦」し続ける

YUSUKE KATOKU

若いうちから活躍できる
フィールドに惹かれて入社

もともと金融業界に興味があり、また英語を使って何か大きい仕事をしたいという漠然とした思いを抱いていました。就職活動でいろいろな会社を調べるうちに、その両方の要素を満たす当行にたどり着きました。先輩社員の働きぶりをみせてもらう機会があり、20代で富裕層のお客さまに運用提案を行っている姿がとても輝かしく映りました。他社と比べて若いうちから活躍できるこの会社で挑戦したいと思い、入社を決意しました。

富裕層の顧客の多種多様な
ニーズに応える仕事

現在はリレーションシップ・マネージャーとして、お預かり資産5,000万円以上の「プレスティアゴールドプレミアム」のお客さまに、外貨や金融商品を用いてライフプランニング提案を行っています。「運用」と聞くと資金を殖やす方に意識が向かいがちですが、富裕層の方にとっては資産を「いかに減らさないか」も重要なポイントです。当行では外貨・不動産・信託という大きな3つのソリューションが提供でき、富裕層の方の多種多様のニーズに応える事が可能です。まだまだ勉強の身ではありますが、多くのお客さまに対して少しでもお力になれることはないか、自問自答しながらお客さまに寄り添っています。

金融人としてだけでなく
人間としても一流を目指す

当行には優秀な先輩が数多くいるので、彼らと肩を並べられるくらいの実績を残していきたいと思っています。また、お客さまから学ぶことも多々あり、金融人としてだけではなく、人間としても一流を目指したいと考えています。

1日の流れ

8時20分頃に出社し、各部署からのお知らせや最新マニュアル、マーケット最新情報などをチェックします。8時30分から投資調査部主催の朝の電話会議があり、前日の海外市場の情報も入手。9時の開店後は、来店するお客さまの対応、資産運用相談業務(外貨、投資信託、保険、債券、ローンなど)に徹します。12時からは遠方にお住まいの方のご自宅か勤務先に訪問。16時に帰店し、その日の業務報告や明日の準備といった業務が終わり次第、退社します。

img_day

PROFILE

家徳 裕介

政治経済学部経済学科卒
個人金融部門
プレスティア営業本部
支店

2011年入行。店頭でのテラー業務、ベーシック・バンカー業務を経て、4年目にはプレスティアゴールド・エグゼクティブに。7年目以降は富裕層の顧客を担当するリレーションシップ・マネージャーとして富裕層顧客を担当している。

arrow_totop