CSR

CSR(企業の社会的責任)活動

当行は、三井住友フィナンシャルグループの一員としての高い公共性を認識し、本業を通じて社会全体の持続的な発展へ貢献することが重要と考えております。従業員一人ひとりの社会参加を導くため、企業としての社会貢献活動に取り組んでまいります。

2016年度の活動

従業員参加による地域貢献活動

地域貢献の一環として、三井住友フィナンシャルグループ各社と合同でさまざまなボランティア活動を行っております。平成28年9月に須磨海岸(神戸)、10月に荒川河川敷(東京)、淀川河川敷(大阪)で行われたクリーンアッププログラムに参加し清掃活動を行いました。
また、当行は、毎年、FIT チャリティ・ラン(英名:Financial Industry in Tokyo For Charity Run)に参加しています。これは金融関連サービス企業の社員によるボランティアで運営されるチャリティ・イベントです。イベントの参加費、企業の協賛金は、地域に根ざした社会的に意義ある活動をしているものの、認知度などの問題により十分な活動資金を確保できていない団体への支援に役立てられています。

淀川河川敷清掃の様子

淀川河川敷清掃の様子

FIT チャリティ・ラン

FIT チャリティ・ラン

文化・芸術活動への支援

当行本店に女子美術大学学生の作品、大阪出張所には大阪芸術大学学生の作品を展示するほか、音楽面では若手演奏家に演奏する機会を提供するなど、若手芸術家の活動を支援しております。

障がい者スポーツへの支援

当行は、障がい者スポーツ支援の一環として、平成28年8月より「一般社団法人日本ゴールボール協会」のサポーターを務めております。平成29年1月には、従業員を対象にしたゴールボール競技の体験会を開催しました。今後も、各種大会や体験会などへ従業員をボランティアスタッフとして派遣することなどを通じて、障がい者スポーツの普及、発展に貢献してまいります。

ゴールボール競技体験会

ゴールボール競技体験会

ゴールボールについて

2015年度の活動