PRESTIA SMBC信託銀行

暗証番号の管理に関わる被害事例

暗証番号やパスワードを
貴重品と一緒に保管しないこと!

生年月日等の類推されやすい番号は避けることは原則ですが、カードに記載する、またはカードと暗証番号メモの同一保管は危険です。
PC上にパスワード一覧を保存することもスパイウェア・ウィルス対策の点から絶対に止めましょう。

財布をすられたことに気付き、慌てて銀行へ連絡。既に現金を引出されてしまっていることが判明した。詳細を調べてもらうと、暗証番号エラーもなく出金されてしまっているとのこと。暗証番号は類推されにくい番号で設定していたが、他パスワード等と一緒にメモを財布にしまっており、それが原因であることは間違いない。

プレスティアの安心セキュリティ対策 さまざまなセキュリティ対策をご紹介します。 このような被害にあわないために先ずは3つの対策 お客様自身でできる、有効な犯罪対策をご紹介します。
プレスティアの安心セキュリティ対策 さまざまなセキュリティ対策をご紹介します。 このような被害にあわないために先ずは3つの対策 お客様自身でできる、有効な犯罪対策をご紹介します。

プレスティアのセキュリティサービスで対策

上記のような犯罪には以下のセキュリティサービスが被害防止に役立ちます。

このような被害にあわないために

暗証番号はあなたの預金を守る大切な「鍵」です。
管理は厳重にし、他人には知られないように十分注意することが必要です。

Point 1 
暗証番号の管理に注意

  1. 暗証番号は絶対に他人には教えない。
    警察官や銀行員が暗証番号を聞くことは、絶対にありません。
  2. ATM操作時は、周囲に不審人物がいないか、挿入口に不審物が取り付けられていないか確認する。
  3. ATMについているのぞき見防止用ミラー等で周囲に不審者がいないことを確認し、カバンなどで手元を隠す。
  4. 暗証番号のメモや暗証番号を推測させる書類をキャッシュカードと一緒に保管しない。
  5. パソコン等にIDやパスワードを保存しない。

Point 2 
キャッシュカード、暗証番号が他人の手に渡らないように注意

  1. 生年月日、電話番号、住所の番地、自動車のナンバーなど、他人に容易に推測される暗証番号は使わない。
    暗証番号を他の場所、用途に使うのも危険です。
  2. 暗証番号は定期的に変更しましょう。特に海外で利用した場合は速やかに変更することをお勧めします。
  3. 使われていないキャッシュカードでも第三者の手に渡らないように注意する。同じ名義で古いキャッシュカードがある場合は、切断するなど他人が使用できないようにして破棄する。
  4. 定期的にカードの所在を確認する。

Point 3 
家族や知人であってもキャッシュカードを渡さない(家族が使用する場合は代理人カードを使用する)。

お問合せ

おかしいなと思ったらすぐにご連絡ください!

口座番号、暗証番号(カードPIN、T-PIN)などの個人情報が盗まれてしまったり、カードの紛失・盗難にあった際には、すぐにご連絡ください。ご依頼にもとづき、迅速に暗証番号の変更、口座引出し停止、カードの再発行などを行います。

お電話

カードの紛失・盗難に関するダイヤル

  • 045-330-2890(有料)
  • 海外から 81-45-330-2890(有料)

受付時間:24時間365日

※照会・取引はできません。

振込め詐欺等に関する照会ダイヤル

  • 0120-373-706(通話料無料)
  • 海外から 81-3-6897-5250(有料)

受付時間:平日9:00~17:00(祝休日、および年末年始を除く)

暗証番号の変更ダイヤル<プレスティアホン バンキング>

自動音声応答サービス

0120-110-330(通話料無料)

■カードの暗証番号を変更

受付時間:平日9:00~16:50(祝休日、および年末年始を除く)

■電話取引用暗証番号を変更

受付時間:24時間365日

※一時的にお取扱いできない時間帯があります。

口座をお持ちでないお客様

インターネット

インターネットでお申込み

口座開設

ページ上部へ戻る